外観検査(画像処理)+エンジニアリングに関する問題解決の総合サイト 「マシンビジョン/検査装置.com」

マシンビジョン・検査装置.com
トップ 失敗しない検査装置 メーカーの選び方 事例(検査) 事例(検査装置) 技術情報 テクニカルセンター プライバシーポリシー サイトマップ

TOP > 事例(検査装置) > 外観検査装置

  • メニュー
  • トップ
  • 失敗しない検査装置メーカの選び方
  • 事例(検査項目)
  • 外観検査
  • 有り無し検査
  • 異品欠品検査
  • 特徴検査
  • 寸法計測
  • キズ(傷)検査
  • 位置決め検査
  • 認識
  • OCR
  • データコード
  • 事例(検査装置)
  • 外観検査 装置
  • 寸法計測 装置
  • 位置決め 装置
  • PETボトルピッキング
  • 3次元ピッキング
  • キズ(傷)検査 装置
  • 技術情報(ノウハウ集)
  • 検査装置製作のステップ及びポイント
  • テクニカルセンター
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • お問合せ
  • サイトマップ
検査等のお問合せはこちらから!
パートナー企業
第3回メディカルメッセ  


第3回メディカルメッセに出展いたします。詳しくはこちら

事例(検査装置)

外観検査 装置

有り無し検査
事例1 メッシュ外観検査装置(マシンビジョン)

位置決め 装置

事例1 PETボトルピッキング装置(マシンビジョン)
事例2 3次元ピッキング装置(マシンビジョン)

寸法計測 装置

事例1 コア内外径外観検査装置(マシンビジョン)

キズ(傷)検査 装置

事例1 樹脂成形品 外観検査装置(マシンビジョン)

外観検査装置

事例(1) メッシュ外観検査装置(マシンビジョン)

お客様の相談内容

成形機から排出されたメッシュを搬送し画像処理による外観検査を行った後、選別(ピッキング)を行う装置(設備)を提案して欲しい。

提案内容

排出されたメッシュを搬送し、画像処理により表裏面、及び側面検査を行い、OK/NG判定後、判定に従い自動排出する装置を提案した。

必要とする具備機構
・ 成形機からのワーク排出・整列機構
・ ワークの自動搬送機構
・ 画像入力の為のワークの姿勢変更機構
・ 各種ワークサイズへの対応の為の段替え機構(自動or手動)
・ OK品のポリ袋への自動排出機構
・ NG品のNG種類別、自動排出機構

考えられた課題とそれに対する解決策(1)

成形機排出、投入部

1. 成形機排出時、ワークの姿勢が安定しない。(エアーブローでの吹き飛ばしの為)
2. ワーク同士の絡み付きが発生する。
3. 各成型機の成型サイクルが異なる。
4. 成型機構の異なる成型機が混在する。

解決策

1. 成型機からのP&Pローダー、及びチャック方式による排出機構の採用
2. 治具パレット、もしくはマガジンによる、ワーク同士の分離機構の採用
3. 排出装置と投入装置の分離、バッファ方式でのサイクル方式の採用
4. 各機別、排出・取出装置の設置

考えられた課題とそれに対する解決策(2)

ワーク搬送、画像検査部

1. ワーク形状が不安定
2. サイクルタイムが速い為、搬送時間が設けられない。(1.5sec/ヶ)
3. 各画像入力時の姿勢変更機構の難易度が高い。(表裏x1St、4側面x1St)
4. 各ワークサイズに合わせた自動段替え頻発化(サイクル遅延の要素大)

解決策

1. 治具付きパレット搬送方式の採用
2. 多数個取りでの搬送形態、画像入力優先機構の採用(最低5ヶ取り、7.5sec/サイクル)
3. 排出装置と投入装置の分離、バッファ方式でのサイクル調整
4. 混載流動からロット流動、もしくは、治具パレット毎での品番の固定化

構想レイアウトイメージ

このページのトップへ