外観検査(画像処理)+エンジニアリングに関する問題解決の総合サイト 「マシンビジョン/検査装置.com」

マシンビジョン・検査装置.com
トップ 失敗しない検査装置 メーカーの選び方 事例(検査) 事例(検査装置) 技術情報 テクニカルセンター プライバシーポリシー サイトマップ

TOP > 事例(検査装置) > 位置決め装置(3次元ピッキング装置)

  • メニュー
  • トップ
  • 失敗しない検査装置メーカの選び方
  • 事例(検査項目)
  • 外観検査
  • 有り無し検査
  • 異品欠品検査
  • 特徴検査
  • 寸法計測
  • キズ(傷)検査
  • 位置決め検査
  • 認識
  • OCR
  • データコード
  • 事例(検査装置)
  • 外観検査 装置
  • 寸法計測 装置
  • 位置決め 装置
  • PETボトルピッキング
  • 3次元ピッキング
  • キズ(傷)検査 装置
  • 技術情報(ノウハウ集)
  • 検査装置製作のステップ及びポイント
  • テクニカルセンター
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • お問合せ
  • サイトマップ
検査等のお問合せはこちらから!
パートナー企業
第3回メディカルメッセ  


第3回メディカルメッセに出展いたします。詳しくはこちら

事例(検査装置)

外観検査 装置

有り無し検査
事例1 メッシュ外観検査装置(マシンビジョン)

位置決め 装置

事例1 PETボトルピッキング装置(マシンビジョン)
事例2 3次元ピッキング装置(マシンビジョン)

寸法計測 装置

事例1 コア内外径外観検査装置(マシンビジョン)

キズ(傷)検査 装置

事例1 樹脂成形品 外観検査装置(マシンビジョン)

位置決め装置

事例(2) 3次元ピッキング装置 (位置決め装置)

お客様の相談内容

通い箱にランダムの姿勢に置かれたワークを画像処理で認識してピッキングし、所定場所にセットして欲しい。

提案内容

概要
通い箱等にランダムに投入されたワークの3次元認識を行い、ロボットによりピッキングを行う。ピッキング後は、コンベア等へパレタイジング処理を行いワークセットを行う。コンベアセット満載後、コンベアを駆動しセットしたワークを通い箱へ再投入する。

ワーク形状:円筒ワーク(φ40x100L程度)

ロボットハンドリング方式:吸着方式+ワークガイド方式

3次元ランダムピッキング設定条件

設備条件【シュミレーション条件】

ロボット
型式:VP-6242F
可搬重量: 2.5Kg
稼働アーム長: 650mm

ロボットハンド仕様
ハンドリング方式: 吸着方式
ハンドリング数: 1ヶ取り

カメラ/照明仕様
カメラ: 40万画素モノクロエリアCCD+レンズ
照明: LED 擬似同軸照明装置

3次元ピッキングイメージ

ロボットシュミレーション動作には、画像入力動作、及び回転動作は含まれていない。

動画のサイクルタイムは21sec

内部速度設定
通常搬送時: 90%
投入・取出動作時: 30%
その他: 90%

シュミレーション条件説明図

このページのトップへ